本文へスキップ

契約書審査・契約締結交渉CONTRACT

契約書の意義


 企業のコンプライアンスの重要部分である「予防法務」(紛争を防ぐための企業システム全体の法的な構築)の中でも,最初の一歩となるのが「契約書」です。

 契約書において最も重要なのは,「当事者双方が合意した内容」を特定し,後日紛争が生じた場合に,水掛け論になるのを防ぐという点です。

 信頼関係の下で円滑な取引ができているうちは,契約書の必要性を感じることはありません。
 しかし,一度信頼関係が壊れた場合,もし契約書がなければ,想定以上のリスクを背負い込むことになります。
 たとえば,実際に訴訟になった場合,契約書なしに当事者間の「合意」の内容を立証していくことは,非常な困難を伴います。その結果,立証不十分により敗訴し回収すべきお金が回収できないとなれば,場合によっては経営存続にかかわる問題となってきます。

 また,契約書で内容を明確にしておけば,当事者間での争点も減るため,仮に紛争状態になったとしても,訴訟まで行かずに和解で終結させられる可能性も高まります。

  反復的な,あるいは金額の大きな取引をする際には,絶対に契約書を作成すべきです。

契約書作成・締結交渉のポイント


 契約書というと「分厚く」「小さな字でびっしり書いてある」書類で,できれば内容を読みたくないもの,というのが通常ではないでしょうか。

 しかし,上で述べたとおり,契約書にはそれぞれの取引実態・取引慣行を背景とした「ポイント」となるべき部分があります。そのポイントを押さえていれば,契約書の目的は十分達成できると言えます。

 簡潔にして要を得た契約書を作ること。 これが,契約締結交渉のスタートでありゴールです。

 実際に作成する際に注意したいのは,具体的には次のような点です。

  ・紛争時に問題となりそうな部分(あいまいな部分)を事前に予測し,明確にする

  
  ・反復的取引の場合は,全体構成(基本契約書+個別契約書など)を工夫し,円滑な取引を阻害しないようにする

  ・業法などにより規制がある部分については順守する(例:建設業法など)

弁護士へのご依頼のメリット


 弁護士に契約書作成・審査をご依頼いただいた場合,

 ・将来紛争になった場合のリスクの予測とそれを回避するための条項の作成・提案

 ・円滑な業務に役立つ契約書の全体構成の作成・立案

 ・締結交渉過程における援助(場合によっては代理)

などを行うこととなります。

 これらの活動を通し,経営者の皆さんによるビジネス的な視点に,紛争段階を踏まえた法的視点を加えることで,よりリスクが低く,よりニーズに合致した契約書が作成できること。これが弁護士にご依頼いただく場合の最大のメリットです。

バナースペース

中井総合法律事務所

弁護士 中井 洋輔
 (島根県弁護士会所属)

〒693-0004
島根県出雲市渡橋町61番地
一畑いずも渡橋ビル2階

 TEL 0853-31-4960
 FAX 0853-31-4961